• 東京都品川区の英語教育・英語レッスン / 子供向け英語クラブ はグローバル親子クラブ 03-6426-2658 (9:00 - 19:00)
  • 無料体験はこちら お問い合わせはこちら
  • 東京都品川区二葉3-24-6 アーバンビューラー1階

イベント

2017 English summer camp

自然豊かなところで、新しいお友達と共に思う存分に自然を楽しみ、大自然の不思議を発見し、生き物の知識を学び、楽しいゲームと様々なアクティビティを通じ3日間英語漬けで、充実した時間を過ごしました。
全ての活動で、生きた英語を学び、更に身に着けるように工夫しました。関連英語(実際に見た生き物、使った道具、行った場所、やった動作等々)を学び、英語を練習しながらゲームとアクティビティを楽しみ、習った英語を使いながら活動し、更に英語復習を兼ねて各チームで競い合いました。

★ キャンプ場に出て、バスに乗る前に、”全部が楽しかったから、キャンプ場に百年もいたい” という子供から最高の評価を頂きました!!
★ 帰ってきた後に早速子供達から、“とても楽しかった!来年も行きたい!来年はいつ行くの?どこへ行くの?”と来年の計画までいっぱい聞かれました(汗)!
★ 保護者達からも沢山のメッセージを頂きました。
① 帰ってきてから第一声に『また行きたい!』と言っておりました。とても楽しかったようで、3日間の出来事を沢山話してくれました。帰宅後も日常で英語が出てくる場面もあり、今回英語でコミュニケーションができる機会がもてて、とても良かったと思います。
② 
帰ってきてから昆虫や鳥など覚えた英語での名前を沢山教えてくれました。夏休みの貴重な体験になったと思います。
手作りのお土産もとてもいい思い出の品になり良いアイデアだと思いました。
​等々

画像

画像

Day1: Afternoon & Evening

とんびがピーヒョロロローと鳴きながら飛ぶ中で、トンボが沢山舞い、蝉の鳴き声が響き渡る大きな広場でのびのびと活動できました。
夜には、子ども達一人一人が海ほたるを手で触らせてもらうという機会を頂きました。みんなきれいに光る海ほたるに夢中になっていました! こちらについたばかりの子ども達の中には、都会と全く違う環境のため、虫がこわいからいやだ、早く部屋に入りたいと言う子もいましたが、夕方には「空が東京より広く感じる」「ここは空気がきれい」「普段の授業より楽しい」と自然を満喫していました!
ヘビやもぐらの穴など、なかなか都会では出会えないものも見つけることができました。サッカー、ドッジボール、リレーなどの活動を英語でやるのはもちろんのこと、見つけた生き物を英語では何というか学びました。 夜の海ほたるの観察会では、ここ南房総の海から自然の家のスタッフの方が観察のために海ほたるをとってきて下さいました(観察会後には海に戻すとのこと)。海ほたるは、海のお掃除やさんで大事なお仕事してくれる、波がおだやかで海底が砂できれいな海にしか住めないことなど学びました。みんなの台所と海はつながっている、みんなで海をきれいにしていこうとお話しがあり、皆真剣に先生のお話しを聞いていました。 今日は、お天気が大きく崩れることもなく、無事に予定通り活動できて良かったです。

Day2: Morning

キャンプも2日目を迎えました。子ども達はすっかり皆仲良くなり、新しいお友だちともとても楽しく過ごしています。2日目の午前中は子ども達が大好きな焼きそばを作りました。
まず、焼きそば作りの具材、調理器具、動作などを英語で何というか学びました。今日は残念ながら雨が降ってしまったので、室内で野菜を切りました。Cut the cabbage with the knife などと言いながら一人ずつ野菜を切った後に、屋根がある屋外で自然の家の所長さんに火を起こして炒めるのを手伝って頂きました。子ども達は薪を燃やす体験もすることができました!
こうして出来上がった美味しい焼きそばを子ども達は夢中で沢山食べていました!

Day2: Early Afternoon

Bring your bottle, rain coat, and bug spray, and let’s go explore the nature! と言って2日目午後は皆で外に出て活動しました。ここでもcrabやfrog など色々な生き物に出会うことができ、子ども達は大はしゃぎでした! 大房岬自然の家の敷地を下って行くと、すぐに海に出ることができます。今日は、レインコートを着れば探検できる程度の雨ということで指導員の方よりお話しがあり、森の中の道を案内して頂きました。午後も雨だったので、磯遊びの時間はほとんど取れませんでしたが、海までの道を皆で探検することができました。 ここで皆が見つけた物はcrab, frog, cicada, insect, shell, dragonflyなど。沢山のカニが歩いている姿や何匹もカエルが跳んでいる姿を見てとても興奮していました。沢山のカエルが一度に跳んでいる姿はこの天候だからこそ見られたのかなと思うと、子ども達にとっても快晴の日とはまた違った気づきがあったのではと思います。

Day2: Late Afternoon

夕方は、Which team can build the highest tower? という課題を出して、チーム毎に紙を使ってタワーを作るワークショップを行いました。これは、スタンフォード大学のEntrepreneurial Thinking の授業の一部からヒントを得たもので、小学生向けにアレンジしてやりました。他のチームより高くするにはどうするかを各チームに考えてもらい、実際に作ってもらいました。 
“最初一番高いタワーが作れて嬉しかったですが、その後すぐ倒れてしまって悲しかったが、このタワーを作ることで楽しかった。”などのコメントがありました。
Which team can build the highest tower? というワークショップを通じ、 チームワークの重要性、限られたリソース(時間、物)の有効配分、失敗を繰り返しながらやっと改善ができたこと、ずっと一番の座を維持するのは難しいことなど、子ども達の感想に感心しました。

Day2: Evening

キャンプファイヤーは雨のため中止になってしまいました。とても残念でしたが、2日目最後の時間を体育館で思いっきり体を動かして楽しく過ごしました。
​キャンプ2日目の夜とは思えないほど子ども達は元気に活動していました!

Day3

キャンプ最終日。今朝もGood morning! How are you? Did you sleep well? といった会話から始まり、食堂で朝御飯を食べ、身支度を整えました。”brush my teeth” “wash my face” など日常生活で使うフレーズにも慣れてきました。 昨日と一昨日学んだ英語を復習して、地元の海の貝殻を使い、写真立てを作りました!楽しい思い出と共にお土産として持ち帰ります。
帰りのバスの中でもマシュマロを楽しみながら、”left Rigt”のゲームを通じ子ども達がしっかり”L と R”の発音をしっかり聞き分けれるようになりました。

  • 03-6426-2658
  • イベント